予防接種・健康診断

予防接種

ワクチン接種の注射は、ワンちゃんの命に危険を及ぼす多くの感染症を防ぐ役割を持っています。他のワンちゃんとの接触がない場合でも、お散歩中にうつることがあるので必ず接種しましょう。

ワンちゃんのワクチン接種で予防できる感染症

犬

  • 犬ジステンパー(コアワクチン)

    空気感染の他、感染犬から直接うつることもあります。死亡率が高く、子犬がかかりやすい傾向にあります。

  • 犬パルボウィルス感染症(コアワクチン)
    感染犬の嘔吐物や便などから感染します。子犬が発症した場合は特に死亡率が高いので、注意が必要です。
  • アデノウイルス1型感染症/犬伝染性肝炎(コアワクチン)
    感染犬の唾液や便、尿などから感染します。子犬の場合、感染から一晩で死亡してしまうこともある恐ろしい病気です。
  • アデノウイルス2型感染症/犬伝染性咽頭気管炎(コアワクチン)
    感染犬との接触や、せきやくしゃみなどから空気感染することもあります。肺炎や呼吸器症状を引き起こします。
  • 犬パラインフルエンザ感染症(ノンコアワクチン)
    感染力が非常に強く、感染犬との接触はもちろん、せきやくしゃみなどから空気感染することもあります。感染すると激しいせきをするのが特徴です。
  • 犬レプトスピラ症(ノンコアワクチン)
    感染犬やネズミの尿からうつる伝染病で、人へ感染することもあります。嘔吐や下痢、発熱、食欲不振などを引き起こしますが、特別な症状が現れないこともあります。
  • 犬コロナウィルス感染症(非推奨ワクチン)
    感染犬の便や尿から経口感染し、嘔吐や下痢といった症状があります。

ネコちゃんのワクチン接種で予防できる感染症

猫

  • 猫ウイルス性鼻気管炎

    せきやくしゃみ、発熱、鼻水などの症状の他、目ヤニなどが多くなり、角膜炎や結膜炎を引き起こします。感染力が強く、他のウイルスとの混合感染も多いです。特に子猫の場合は重篤化し、死亡する場合もあります。回復してもウイルスが体内に残るため、ストレスなどで再発することがあります。

  • 猫カリシウイルス感染症
    せきやくしゃみ、発熱、鼻水など、風邪に似た症状が続き、悪化すると舌や口の周りに水疱や潰瘍がみられます。ひどくなると肺炎を起こすこともあり、他のウイルスとの混合感染で合併症などを引き起こすと死亡する場合もあります。また、回復後もウイルスを排出し、感染源になるので注意が必要です。
  • 猫汎白血球減少症
    猫パルボウイルス症とも呼ばれ、もっとも危険な急性感染症のひとつです。子猫や若い猫がかかりやすく、嘔吐、強い腹痛、血様下痢、高熱、急速な脱水などの症状がみられ、高い死亡率を示します。妊娠猫がかかった場合、胎児へ影響します。
  • 猫白血病ウイルス感染症
    免疫機能の抑制、貧血、リンパ腫の原因となります。胎児への感染は死産となる確率が高いです。感染猫の血液や唾液、涙の中には大量のウイルスが存在し、尿や糞便中にも含まれます。一般的に感染猫の唾液や鼻汁との長期接触、具体的にはグルーミングや食器の共有によって感染が成立します。発症すると治療が難しい深刻な病気なので、予防と感染の拡大を減らすことが重要です。
  • 猫クラミジア感染症
    主に子猫に発症し、結膜炎と上部呼吸器症状がみられます。感染が持続することもあり、まれに一過性の発熱、食欲不振や体重減少が起こります。猫同士の接触でうつり、人に感染することもあります。

予防接種の注意点

  • 予防接種は子犬期の場合、2~3回行いますが、ワクチン接種によって作られる免疫は一生続くものではないので、成犬になってからも定期的に接種していくことが必要です。接種すべきワクチンの種類、回数、接種時期などをご説明しますので、当院までご相談ください。
  • 本格的なお散歩は、予防接種後から始めましょう。詳しい時期は接種後にご説明いたします。抱っこして近所をお散歩したり、ワクチン接種済みの子犬と会わせるのは問題ありません。
  • ごくまれですが、毎回同じ場所にワクチンをうつと、しこりができることがあります。それを防ぐため、当院ではワクチンをうった位置をカルテに記録しておき、次回は別の場所にうつようにしています。
  • 狂犬病はすべての哺乳類に感染する、人と動物の共通感染症です。治療方法がなく、致死率100%という恐ろしい病気です。年に1回の接種が法律で義務付けられていますので、必ず接種してください。
  • たくさんのワンちゃんがいる場所では感染症が流行する可能性が高まりますので、トリミングやドッグランではワクチンの接種済証が必要です。

フィラリア検査

フィラリア検査フィラリア症とは、寄生虫がワンちゃんの心臓に寄生する怖い病気です。蚊の吸血時に、フィラリアの子虫がワンちゃんの体内に入っていくことで感染します。体内に入ったフィラリアの子虫は成長しながら心臓へ達して、15~25㎝程度の成虫になります。感染すると、食欲や元気がなくなり、次第にせきや腹水(お腹が膨れる)、貧血、失神などの症状が出てきます。そのまま放置すると命に関わりますので、気になる症状がある場合は必ず受診するようにしましょう。
フィラリア症のお薬は月に1回投与するお肉タイプ、錠剤タイプなどがあり、蚊の発生時期に合わせて投与していくことで感染を防ぐことができます。お薬投与開始前には血液検査を行い、感染の有無を調べます。お薬は蚊が発生する時期の1カ月後から蚊がいなくなった時期の1カ月後まで投与すると効果的です。蚊の発生時期は5月中旬~10月下旬ですが、近年温暖化が進み4月でも暖かく室内でも暖かい環境にある為、蚊の発生時期は早まってきています。その為、当院では予防期間は4月下旬~11月下旬頃までとしています。お気軽に当院までご相談ください。

ノミ・マダニ予防

ノミ・マダニ予防ノミやマダニは野外でくっつきます。ワンちゃんは、お散歩の際に草むらや野山、ドッグランでうつる他、飼い主様にくっついたものがうつってしまうこともあります。放し飼いのネコちゃんは、野良猫との接触やお散歩でくっつくことが多いようです。自宅の室内だけで生活していても、家族が外出先で洋服についたノミやマダニを持ち帰ってしまい、それが暖かい室内で繁殖してワンちゃんやネコちゃんについてしまうことがあります。入念に掃除をして清潔を保っているご家庭でも、その可能性は十分にありますので、お薬で予防することが大切です。

人へのマダニ被害に注意

近年、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)という病気に感染したワンちゃんやネコちゃんから、人への感染が疑われる事例が増えています。SFTSとは、ウイルスを保有しているマダニに噛まれることで感染するダニ媒介感染症です。発熱、嘔吐、腹痛、下痢などの症状が出ます。こうした病気を防ぐためにも、きちんとお薬で予防してあげましょう。

ノミ・マダニチェック

以下の項目にひとつでも当てはまる場合は、お早めに当院までご相談ください。

  • お外遊びが好き
  • 季節の変わり目でもないのにやたらと毛が抜ける
  • 湿疹がある
  • 胸元やお腹に黒く小さな粒のようなものがついている
  • よく身体をかいたり咬んだりしている
  • 草むらに入ることが多い

ノミ・マダニのお薬について

ノミ・マダニ予防のお薬には、ワンちゃん向けの食べるタイプと、ワンちゃん・ネコちゃん向けのつけるタイプの他、フィラリア予防とお腹の虫下しも同時にできるオールインワンタイプもあります。
お薬の購入を希望される場合、ワンちゃんやネコちゃんの体重がわかればお薬のみの処方も可能です。おうちで体重が測れない場合には来院して測定することもできます。また、お薬を食べない、アレルギー反応が出たなどの場合は予防薬の種類を変えることもできますので、投与後に何かありましたらご連絡ください。

ワンニャンドック(健康診断)

体重計に乗る犬当院では、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、デンタルチェックなどはもちろん、季節ごとにワンちゃんやネコちゃん、小動物に向けたさまざまな検査や健康診断のキャンペーンを行っております。ホームページにて随時お知らせしておりますので、ぜひチェックしてみてください。

春の健康診断キャンペーン
 ・犬の血液検査、フィラリア検査

夏の健康診断キャンペーン
 ・犬のレントゲン検査・超音波検査

秋の健康診断キャンペーン
 ・猫の血液検査、レントゲン検査・超音波検査

冬の健康診断キャンペーン
 ・エキゾチックアニマル(ウサギ、フェレット、チンチラ、モルモット等)の血液検査、レントゲン検査
 ・犬・猫のデンタルキャンペン

一番上に戻る
tel:022-702-3897 web予約 LINE