猫のよくある病気

鼻と口の病気と症状

鼻水やくしゃみが出る

猫の診断ネコちゃんがくしゃみをする時はいくつか疑われる病気があります。症状が悪化して鼻炎になってしまうとご飯が食べられなくなってしまうので、早めに受診してください。考えられる病気としては、猫伝染性鼻気管炎・ウィルス性伝染病・歯槽膿漏・鼻腔内腫瘍などがあります。

口が臭い、よだれが多い

ヨダレの多い猫口がにおう原因のほとんどは歯や歯茎にあります。また、よだれは痛みを伴う時に増えるため、ご飯を食べにくそうにしていたり、痛がっているようでしたらご来院ください。
考えられる病気としては、エイズ・ウィルス性白血病・カリシウィルス感染症、歯が原因の場合は歯石・歯周炎・歯槽膿漏、その他の原因の場合は腎不全・突発性口内炎・破歯細胞性吸収病巣などがあります。

目の病気と症状

目ヤニや涙が目立つ

猫のアップ他の動物と比べて、ネコちゃんは目ヤニや涙がよくみられます。ただ、黄色や黄緑色の目ヤニが出ている時や、涙が目頭に溢れるほど溜まっている時は感染症の疑いがあるため、早めに受診してください。考えられる病気としては、猫伝染性鼻気管炎・カリシウィルス感染症・結膜炎などがあります。

皮膚の病気と症状

毛が抜けている

鳴いている猫ネコちゃん自身がなめて抜けている場合があります。なめる原因には、寄生虫、食事、皮膚病、ストレスなどがありますので、早めに受診してください。

できものがある

去勢・避妊手術の重要性皮膚にできものがある時は、まず検査を行いますのでご相談ください。考えられる病気としては、乳腺癌・肥満細胞腫・リンパ腫などの悪性傾向の高い腫瘍などがあります。

消化器系の病気と症状

嘔吐

消化器系の病気|猫嘔吐してもケロッとしていて、食欲や元気もあれば、問題ありませんが、嘔吐した後にぐったりしていたり、何度も嘔吐する場合はご相談ください。考えられる病気としては、食べ物が合わない・毛玉症・腎不全・肝不全・腸内異物・胃炎・膵炎などが考えられます。

便が出にくい

猫のトイレ骨盤骨折を経験しているネコちゃんは、骨盤の変形からうんちが出にくくなることもあります。また、太っているネコちゃんは直腸が広がることにより、便を溜め込みやすくなります。あるいは、年齢を重ねることで腸機能が低下し、3~4日に1回程度しかうんちが出なくなることもありますので、ご相談ください。巨大結腸症などの可能性があります。

下痢や血便

トイレにいる猫ネコちゃんの便は、コロッと転がるくらいが正常です。便の周りにねっとりした粘液がついていたり、血がついている時にはその便を持ってご来院ください。考えられる病気としては、食事の影響、汎白血球減少症・膵炎・寄生虫・腸内異物・リンパ腫などがあります。

呼吸器系の病気と症状

せきをする

呼吸器系の病気|猫「ケッケッ」と口を開いた状態でせきをする時は受診してください。病院ではせきかどうかが確認できないこともあるので、動画を撮影してお持ちいただけると診察に役立ちます。考えられる病気としては肺炎・気管支炎・リンパ腫などがあります。

その他の病気と症状

水をよく飲む、多尿

水を飲む猫本来、ネコちゃんはあまり水を飲みません。水をたくさん飲んで、おしっこが多い場合には病気が疑われますので、早めにご来院ください。考えられる病気としては、慢性腎不全・糖尿病などがあります。

一番上に戻る
tel:022-702-3897 web予約 LINE