去勢・避妊手術

長町南動物病院で手術をするメリット

手術風景当院では、去勢・避妊手術の際に鎮痛剤を使うことで痛みを少なくし、ワンちゃんやネコちゃんの負担を軽減しています。また、極力出血を抑えることで体に優しい処置を行っております。手術はワンちゃんやネコちゃんの健康を第一に、安全に配慮して行いますが、麻酔などを使用することから術後の容体変化を心配される飼い主様も多いので、基本的に1泊していただきます。

避妊・去勢手術の重要性

ワンちゃんやネコちゃんの去勢・避妊手術は、望まない妊娠・出産を避けるだけでなく、将来の病気を防ぎ、飼い主様との日常生活を快適していきます。

ワンちゃんの去勢・避妊手術で予防できること

去勢・避妊手術の重要性

避妊手術をすると、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、卵巣や子宮の腫瘍の予防ができ、去勢手術をすると精巣腫瘍、前立腺疾患、会陰ヘルニアの予防ができます。また、初めての発情の前に手術することで、99.5%の確率で乳腺腫瘍の予防が期待できます。1回目の発情後で92%、2回発情してしまうと74%に下がってしまいますので、発情前に遅くとも2回目の発情前に手術することをおすすめします。

 

 

ネコちゃんの去勢・避妊手術で予防できること

去勢・避妊手術の重要性交尾から伝染する感染症を予防することができます。オスの去勢手術は、猫同士のケンカから伝染する感染症だけでなく、部屋中におしっこをかけるスプレー行動(マーキング)を防ぐことにもつながります。ネコちゃんは一度スプレー行動をはじめてしまうと、くせになってしまうことが多く、家中におしっこのにおいがついて不衛生になることもあります。そのため、スプレー行動を覚えていないうちに去勢手術をするのがおすすめです。また、ネコちゃんの乳腺腫瘍は悪性であることが多く、気づいた時には手遅れになってしまうこともありますが、避妊手術を適切な時期に行えば予防できる可能性が高まります。6カ月齢までなら91%の予防効果、12カ月齢までなら86%の予防効果があるといわれています。

避妊手術のメリット・デメリット

メリット

  • 望まない妊娠を防げる
  • 偽妊娠の予防
  • 発情時のストレスがなくなる
  • 発情出血時のお世話の必要がなくなる(避妊手術を受けていない場合、半年~1年に1回の発情出血が起こる)

デメリット

  • 麻酔によるリスク(健康で低年齢であれば比較的リスクは低い)
  • 肥満になりやすい
  • まれに尿失禁を起こすようになる

去勢手術のメリット・デメリット

メリット

  • 望まない交配を防げる
  • マーキングやマウンティングなどの問題行動や攻撃性を抑制できる
  • 発情中のメスから受けるストレスがなくなる(去勢していないと、発情中のメスのそばにいる際に交尾できないことがストレスになる)

デメリット

  • 麻酔によるリスク(健康かつ低年齢であればリスクは低いといわれています)
  • 肥満になりやすい
  • 問題行動や攻撃性が抑制されないこともある

去勢・避妊手術の時期

寝ている猫メスは初回発情前(初回発情は生後6~8カ月に起こることが多いが、大型犬は生後10カ月前後になることもある)に手術を行うと、乳腺腫瘍の発生率を著しく抑えられます。また、オスは性成熟前(6~8カ月齢)が良いとされています。
なお、小型犬の場合、乳歯が自然に抜けずに残ってしまうことがあります。そのままにしておくと、歯並びに問題が起きて口の中に傷ができてしまうことがあります。犬歯が抜けずに残った部分には汚れが溜まりやすくなり、歯周病の原因にもなります。この場合、去勢・避妊手術をする際に一緒に抜歯をすることができます。適切な時期に抜歯をするために、子犬のうちは1カ月に1回程度ご来院いただき、お口の状態のチェックも欠かさないようにしましょう。

去勢・避妊手術の流れ

診断風景

  1. 手術前の診察

    若い子の場合は、去勢・避妊手術以外に一緒に行わなければならないもの(乳歯の抜歯やおへそのヘルニア)がないかをチェックします。年齢によっては手術ができないような疾患がないかを確認するために細かい検査を行います。

  2. 手術の予約
    手術ができる状態だと判断した場合には、日程を調整し、手術当日の注意事項についてご説明いたします。手術の当日は、これまでは絶食とされていましたが、最近では絶食時間の短縮や手術前の栄養給与に多くの有用性があることがわかってきました。特に、子犬や子猫のような若齢動物や闘病中の場合は、蓄えているエネルギーや栄養が十分ではないため、術前の栄養管理で必要な栄養をしっかりと補給することが重要です。液状の食事であれば、食後4~5時間程度で胃は空になりますので、必ず指定の液状の食事を与えてください。
  3. 手術当日
    指定された時間に来院していただき、手術を開始します。当院では、各種の鎮痛薬・局所麻酔薬を術前・術中・術後に併用し、なるべくワンちゃんやネコちゃんが痛みを感じないようにしています。痛みはストレスになり、傷の治りを悪くするので、痛みが出てきてから痛み止めを使うのではなく、痛む前から鎮痛薬を使用し、できるだけ痛みを感じさせないようにします。お腹の傷は体の大きさにもよりますが、3~5㎝程度です。傷口は抜糸する方法としない方法があり、その子の性格や生活環境に合わせて選択します。ネコちゃんは抜糸をすると、傷口を舐めないようにするためのエリザベスカラーを首に巻かなくてはならず、ストレスになるので、ほとんどの場合は抜糸をしない方法で行います。
  4. 退院
    その子の状態に合わせて、原則として1泊をしてから退院となります。退院時に去勢・避妊手術後の注意事項をご説明いたします。
  5. 退院後の検診
    術後の検診は、2~3日後の傷の状態の確認と、10日前後に行う抜糸の2回になります。
一番上に戻る
tel:022-702-3897 web予約 LINE