エキゾチックアニマル

エキゾチックアニマルの治療に対する考え方

ウサギやハムスターなどのエキゾチックアニマルは、小さな体で懸命に生きています。彼らは、小さくても立派な家族の一員です。
当院では、エキゾチックアニマルに対してさまざまな治療を行い、飼い主様のそばで元気に過ごしていくためのお手伝いをしています。

長町南動物病院でエキゾチックアニマルの治療をするメリット

手術風景当院は、ウサギ、ハムスター、ハリネズミなどの治療や手術の実績が豊富です。安心しておまかせください。
エキゾチックアニマルはデリケートで、環境の変化に敏感であることが多いですが、治療の際はできるだけストレスを与えないよう進めていきます。

当院の対応可能な動物

  • ウサギ
  • チンチラ
  • フェレット
  • モルモット
  • フクロモモンガ
  • ハムスター
  • ラット
  • リス
  • ジリス
  • プレーリードッグ
  • ハリネズミ
  • デグー
  • マウス
  • モモンガ
  • スナネズミ   など

ウサギ

ウサギの寿命

ウサギウサギの寿命は5~7年とされていますが、実際は7年以上生きている子も珍しくありません。なぜ5~7年といわれているかというと、3~4歳のメスのウサギは子宮の病気にかかることがあり、それが原因で死んでしまう子が多く、平均寿命が短くなっているためです。また、あまり知られていませんが、ワンちゃんやネコちゃんと同じように、ウサギも避妊手術をすることで長生きすることができます。

ウサギの品種

ウサギの品種は体型、毛の長さ、毛並み、毛色などで分けられています。

  • ネザーランドドワーフ(最小種のウサギ)
  • ホーランドロップ(垂れ耳ウサギの代表種)
  • フレンチロップ(大型の垂れ耳ウサギ)
  • アメリカンファジーロップ(長毛種の垂れ耳ウサギ)
  • ジャージーウーリー(頭部の毛は短く、体の毛が長い)

ウサギの習性

ウサギは明け方と日暮れ頃に活発に動く、夜行性の動物です。怒ると、後ろ足で地面を蹴ってバンバンと音を立てるスタンピングという行動がみられます。性格は、一般的には温和で人に従順な子が多いといわれていますが、中には自己主張が強い子もいるようです。
ウサギは、普通のウンチの他に盲腸便というウンチをします。朝方、肛門に顔をつけて肛門から直接盲腸便を食べるため、飼い主様が盲腸便を見ることは珍しいといわれています。盲腸便はアミノ酸やビタミンB群が豊富に含まれており、ウサギのエネルギー源となる大切なものです。もし、いつもと違う形のウンチを見つけたという場合は、体調が悪くて盲腸便が食べられていない可能性があります。早めに診察しましょう。

ウサギの生理学的特徴

ウサギの前歯と奥歯は伸び続けますが、牧草を食べる時に歯をこすり合わせることで歯が削れて、伸び過ぎてしまうのを防いでいます。尿色は黄色や茶褐色などの有色で、白く濁っています。
メスには肉垂と呼ばれる顎の下のたるみがみられますが、ウサギの種類によって肉垂の目立ち方は変わります。また、メスは偽妊娠が起こりやすく、発情行動や巣作り行動が頻繁にみられ、乳腺が腫脹して泌乳も起こります。偽妊娠で自己主張が強くなったり、神経質で攻撃的になったりすることがあります。乳腺が腫脹することで乳房炎などの病気になりやすくなるので、注意深く観察してあげましょう。

ウサギの飼育

ウサギは、単独飼育と複数飼育のどちらでも問題はありません。しかし、複数飼育の場合は、ウサギ同士の相性によってストレスを感じたり、繁殖する可能性を考慮してください。基本的に暑さに若干弱く、寒さに強い動物です。環境温度は16度~22度が理想で、食性は完全草食性です。牧草を中心にウサギ用ペレットフードや野菜などを与えてください。野菜はニンジン、チンゲン菜、セロリ、小松菜、レタス、キャベツ、ブロッコリーなどがおすすめですが、これらは水分が多く与えすぎるとお腹がゆるくなる場合がありますので、与え過ぎに注意してください。
季節の変わり目や、毛の生え変わりの時期の抜け毛、毛づくろいのしすぎでたくさんの毛を飲み込まないようにブラッシングをしてあげましょう。また、毛が胃に溜まってしまい毛玉になることを予防するため、なるべく食物繊維の多いごはんをあげてください。胃の働きを活発的に促す牧草は欠かさず用意してあげましょう。
トイレのしつけは時間をかければある程度覚えますが、個体差があるため、すぐ覚えてくれる子もいれば、覚えるまでに時間がかかる子もいます。

主な疾患

不正咬合

歯の咬み合わせが悪くなる、歯が折れるなどの症状がみられます。原因としては、不適切な食事、ケージなどの硬いものを咬む・ぶつける、高い場所からの落下などが考えられます。

消化器系疾患(胃毛球症)

食欲がなくなる、糞量の減少、便の大きさが小さくなる、下痢を起こすなどの症状がみられます。原因としては、毛づくろい、ストレス、食べたものが詰まって流れにくくなる、排泄できないことが考えられます。予防策としては、定期的にブラッシングをしてあげたり、食物繊維の多い食べ物を与えることです。パイナップルやパパイヤの酵素が毛球症の予防に良いとされています。

膀胱結石

血尿、外陰部が汚れる、頻尿、おしっこをしようとするが出ないなどの症状がみられます。原因としては、カルシウムの多いペレットやアルファルファの与え過ぎが考えられます。予防策としては、カルシウムなどの摂取を控える、水分をしっかり与える、適度な運動をさせることです。

スナッフル

風邪のような症状で、初期は激しいくしゃみや水っぽい鼻汁が出ます。その後、鼻汁は徐々に白色から黄色い膿状のものに変わっていき、鼻の周りが汚れます。進行すると結膜炎を併発させてしまい、目の周りに大量の膿状の目ヤニが溜まります。原因は細菌感染(パスツレラ菌)で、予防策としては飼育環境を整え、こまめに掃除や消毒をすることが大切です。

斜頚

神経症状のひとつで、首が曲がって見えたり、眼球が揺れたり、立っていられなくなったり、ごろごろと転がった状態になります。原因は内耳炎、前庭(内耳)の炎症、脳腫瘍、パスツレラ感染症(スナッフル)、エンセファリトゾーン症などです。

エンセファリトゾーン症

エンセファリトゾーン原虫の寄生による病気で、斜頚の他に食欲不振、活力がない、急に興奮するなどの症状があります。また、神経症状もみられることがあり、下半身の麻痺や痙攣が出ることもあります。エンセファリトゾーン症は、感染していても発病しないウサギも多くいます。発病させないためには、ウサギの免疫力を低下させるようなストレスをかけないこと、体力の低下を防ぐために適度な運動をさせることが大切です。

クロストリジウム症

クロストリジウムという細菌が産生する毒素による腸管中毒症(腸性毒血症)です。ウサギでは比較的多く、子ウサギがかかると死亡率が高いとされています。急性の症状が多く、元気がなくなったり、食欲不振、発熱、水溶性の下痢などがみられます。原因は、クロストリジウムの細菌感染、高カロリーのご飯の与えすぎ、食物繊維不足、ストレス、デンプン質の与えすぎ、不適切な投薬です。ウサギの体調が悪いと思ったら、自己判断で薬を飲ませるのではなく、まずは当院までご相談ください。

ウサギが病気にならないために

ウサギの病気は、食事に起因したものが多いです。つまり、病気を防ぐためには正しい食事が大切になります。主食である乾草をたっぷりと与え、副食のペレットは与えすぎないように注意してください。野菜などはおやつ程度に与えます。当院では、治療だけでなく、食事のアドバイスも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

ハムスター

ハムスターの寿命

ハムスターハムスターの寿命は2年前後といわれています。ただ、あくまでも平均ですので3年くらい生きる子もいます。

ハムスターの品種

ゴールデンハムスター

温和な性格で人に慣れやすい。体重は130~210gで、130~160gの子が多い。

ジャンガリアンハムスター

比較的飼いやすい。体重はオスで35~45g、メスで30~40g程度。

キャンベルハムスター

気が強く、人に慣れにくい。体重はオスで35~45g、メスで30~40g程度。

ロボロフスキーハムスター

臆病で神経質のため、人に慣れにくい。体重は15~30gで、ドワーフハムスター(ジャンガリアンハムスター、キャンベルハムスター、ロボロフスキーハムスターなどの小さいハムスターの総称)の一種。

ハムスターの習性

ハムスターは、夕方から朝方にかけて活発に活動する夜行性の動物です。口の中に頬袋という袋を持っており、食べ物をたくわえて巣に運んだりするのが特徴です。

ハムスターの生理学的特徴

ハムスターの前歯は伸び続けます。また、臭腺という自分の縄張りに匂いを付けるための液体が出るところがあり、ゴールデンハムスターでは脇腹あたりに1対、ドワーフハムスターでは左右の口角とお腹の真ん中あたりに存在し、オスの方が臭腺が発達しています。食糞行動がみられますが、糞にはビタミンB群やタンパク質が含まれており、ハムスターにとって大切な栄養となっています。

ハムスターの飼育

トイレは専用の容器を置いてあげると覚えることが多いです。20~26度が理想の環境温度で、低温環境では冬眠しやすいのでヒーターを使ったり、タオルをかけるなどの工夫をしてください。ハムスターは冬眠してしまうとそのまま亡くなってしまうことが多いので、冬眠させないことが大事です。食性は草食に近い雑食性で、ハムスター用のペレットを中心に種子類や野菜などを食べます。ひまわりの種、ピーナッツ、クルミ、ゆで卵の白身、煮干、ミルワーム、キャベツ、ニンジン、チンゲン菜、小松菜、さつまいも、ブロッコリー、りんご、イチゴ、ぶどうなどを食べますが、種子類(特にひまわりの種)は太り過ぎの原因になるため、おやつ程度に与えてください。夜行性なので、夕方は少し多めにごはんをあげましょう。
ゴールデンハムスターは複数で飼育すると、ケンカや食殺が起きてしまうことが多いため、単独飼育が原則です。寒さに弱く、20度を切ると冬眠してしまうことが多いので、温度管理には注意しましょう。ドワーフハムスターは多頭飼育も可能ですが、相性が悪いとケンカが起きるので注意してください。

主な疾患

頬袋脱

頬袋が何らかの原因で口の外へ出てしまい、ぶら下がって見えます。原因は、口の中のケガ、炎症、腫瘍などです。ハムスター自身が口の外に出た頬袋を咬んだり、引っ張ることで傷をつけてしまい、悪化する可能性が高いので早期発見が大切です。早期であれば口の中に頬袋を戻せることが多いですが、戻らない場合は切除することもあります。頬袋脱は繰り返すことが多いため、注意が必要です。

ウェットテール

ひどい下痢によって肛門周囲や尾が汚れている疾患を総称してウェットテールと呼びます。若いハムスターに多く、水溶性の下痢、尾の周囲の汚れ、食欲低下、背湾姿勢(背中を丸めてお腹を抱えるような姿勢)などがみられます。この病気は死亡率が高く、2~3日で衰弱して亡くなってしまいます。原因としては、飼育環境の悪さ、不適切な食事、ストレス、ジアルジアなどの細菌感染などです。予防策は環境を清潔に保つことです。

心筋症

ぐったりする、呼吸が荒くなる、食欲不振、舌の色が悪くなる(紫っぽくなる)などの急な体調の変化がみられます。先天的に多いといわれており、回復は期待できず亡くなってしまうことが多いです。少しでも体の負担を減らしてあげるために、利尿剤や心臓のお薬などを投与したり、酸素室での治療を行います。

腫瘍

遺伝、食事(高カロリーや高タンパク)、微生物、飼育環境などによって発生します。治療は腫瘍によって異なりますので、まずはご相談ください。

ハムスターが病気にならないために

ハムスターの健康をキープするためには、食事の管理がとても大切です。メインはペレットで、おやつのあげ方やタイミングのコントロールをしっかりと行いましょう。また、ハムスターは放し飼いによる事故が少なくありません。ケガをさせないように、放す時には目の届く範囲にしておきましょう。

一番上に戻る
tel:022-702-3897 web予約 LINE