シニアへの取り組み

年齢で諦めないでください

シニア期の犬ワンちゃんやネコちゃんが高齢になると、食欲や体の機能の変化など、これまでとは違う様子をみせることがあります。そんな時に「もう高齢だから仕方ない……」と諦める必要はありません。
体の不調を感じながら年齢を重ねていくのは、ワンちゃんやネコちゃんにとって非常にツライことです。高齢だという理由で、ワンちゃんの体調の変化を様子見していた結果、大きな手術をしなくてはならない段階まで症状が進んでいたというケースもあります。加齢による不調は、治療によってできるだけ少なくすることが可能です。当院では、高齢のワンちゃんやネコちゃんが快適に過ごしていくための治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

シニアの病気

シニアの病気ワンちゃんやネコちゃんは、7歳を超えると老齢期に入っていきます。大型犬は小型犬よりも少し早く、5歳を過ぎた頃から老齢期となります。人間と同じく、犬や猫にも加齢によって身体や心の変化がみられます。ワンちゃんやネコちゃんは人間の4倍のスピードで年齢を重ねていくため、彼らの老化現象を目の当たりにした飼い主様が驚いてしまうことも珍しくありません。飼い主様が戸惑ったりせず、ワンちゃんやネコちゃんに寄り添っていくことが大切です。

人と犬の年齢換算表

人間 44歳 48歳 52歳 56歳 60歳 64歳 68歳 72歳
小型・中型犬 7歳 8歳 9歳 10歳 11歳 12歳 13歳 14歳
大型犬 7歳 8歳 9歳

人と猫の年齢換算表

人間 56歳 60歳 64歳 68歳 72歳 76歳 80歳 84歳 88歳
10歳 11歳 12歳 13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳

老化のサインに気づいてあげよう

老化のサインに気付いてあげようワンちゃんやネコちゃんの老化は、ただ年齢だけで判断せずに日頃の行動から見つけることも大切です。「以前と比べて食欲が減ったように感じる」といったような、ちょっとした変化でも、実は老齢性疾患のサインであったということもあります。高齢の場合は「もう少し様子をみてみよう」ではなく、なるべく早めに受診してください。以下の変化が現れたら当院までご相談ください。

  • 目が白く濁ってきた(白内障の疑い)
  • 歩き方がぎこちない(関節の病気の疑い)
  • 散歩に行くとすぐに疲れて息が上がる(心臓病の疑い)
  • 水をたくさん飲む、尿の量が増えた(腎臓病、糖尿病、副腎の病気の疑い)
  • 夜泣きや混乱しているような行動が増えた(認知症の疑い)
  • やたらとものにぶつかるようになった(視力の低下の疑い)
  • 名前を呼んでも反応がない(聴力の低下の疑い)

当院でのシニア生活でのサポート

老齢性疾患は、早期発見と効果的な治療を行うことで、進行を遅らせることができます。ワンちゃんやネコちゃんの1年は、人間の約4年分に相当します。7歳を過ぎたら、季節ごとに来院していただき、何か変わったことがないかをカウンセリングし、必要であれば検査を行いましょう。
当院では年間を通して、健康診断として血液検査を行っていますが、春のフィラリア予防の時期はフィラリアの検査をする際に採血をしますので、その血液を使って血液検査をするのがおすすめです。
また、当院ではワクチン接種時に6歳以上の場合、無料のエコー検査を実施してから行っています。ワンちゃんやネコちゃんの協力が得られない場合には、実施できないケースもありますのでご了承ください。

当院の治療法

大切なワンちゃんやネコちゃんのシニア生活には、病気の予防や治療などのサポートが不可欠です。当院では、以下のようなサポートを行っております。

定期検診

病気の早期発見・早期治療につながります。

負担の少ない検査・治療・手術

特にシニアには体への負担の少ない検査・治療・手術が必要です。最新の機材を使用し、体に負担をかけない方法でワンちゃんやネコちゃんのシニア治療をサポートします。

一番上に戻る
tel:022-702-3897 web予約 LINE