犬のよくある病気

鼻と口の病気と症状

フガフガと苦しそうにしている

犬の鼻のアップ「逆くしゃみ」と呼ばれる、普通のくしゃみと逆の症状があります。「ズーズー」と口を閉じて、とても苦しそうにするのが特徴です。原因となる疾患がなければ、多くの場合は自然に止まりますが、しばらく続いている場合は受診してください。

鼻水やくしゃみが出る

元気のない犬ワンちゃんが鼻水を伴うくしゃみをする時は、何らかの病気の可能性があります。ただの風邪だと判断せずに早めに受診してください。考えられる病気としては、細菌性鼻気管炎・鼻腔内腫瘍・マイコプラズマ感染症・真菌症・歯槽膿漏などがあります。

口臭がひどい

歯磨きをする犬歯周病の可能性があります。3歳以上のワンちゃんの約80%が歯周病にかかっているというデータもあり、ワンちゃんがかかりやすい病気のひとつです。

目の病気と症状

目をショボつかせる

寝ている犬目の表面(角膜)に傷がついているかもしれません。そのまま放置すると、角膜に穴が開いてしまう可能性があるので、早めに受診してください。特に、シーズーやパグなど目がクリッとしているワンちゃんは要注意です。

目ヤニや涙が目立つ

伏せている犬朝起きた時に目頭についている黒っぽい目ヤニは、ほとんど心配ありません。しかし、黄色、白、緑色の目ヤニは、炎症を起こしている可能性があります。考えられる病気としては、結膜炎・角膜炎・マイボーム腺炎などがあります。他にも、白内障・緑内障・ブドウ膜炎など、さまざまな目の病気がありますので、気になる症状がある場合は受診してください。

皮膚の病気と症状

やたらと皮膚をかく

皮膚をかく犬健康な状態でも身体をかくことはありますので、心配はいらないケースがほとんどです。ただ、大量に脱毛していたり、湿疹があったり、かさぶたがある場合には何らかの皮膚病、ノミ・マダニ(寄生虫)・アレルギーなどが考えられます。

耳の病気と症状

耳をかく、赤みがある、においがする

耳をかく犬外耳炎の可能性があります。早期発見・早期治療で、治療期間が短くて済みます。ワンちゃんは外耳炎を起こしやすい耳の構造をしていますので、異常に気づいた時には早めに受診してください。

突然、バタバタしてもどしはじめる

高齢犬に多い症状で、耳の奥の前庭と呼ばれる部分の病気が考えられます。

外科系の病気と症状

歩き方がおかしい

伸びをする犬歩き始めが妙にぎこちなかったり、頻繁に足のストレッチをする場合は、関節などに異常をきたしているケースもあります。考えられる病気としては、関節疾患・椎間板ヘルニア・膝蓋骨脱臼などがあります。

消化器系の病気と症状

下痢

犬の横顔ドロドロのうんちや、うんちの最後の方が最初の方よりもやわらかい場合は受診してください。また、色が黒や緑の場合も診察が必要です。ご来院の際は、その日のうんちを少量持参して下さい。考えられる病気としては、フードが合わない(消化不良)・各種消化器疾患・タンパク漏出性腸症・犬パルボウィルス感染症・胆嚢疾患・寄生虫などがあります。

便秘

ぐったりとした犬ワンちゃんは通常、一日に1~2回排便をします。踏ん張っても出ない、または排便しなくなり、2日経っても状態が変わらない場合はご相談ください。考えられる病気としては、会陰ヘルニア・前立腺肥大・椎間板ヘルニア・腸骨窩リンパ腫・肛門腺腫などがあります。

嘔吐

できもので悩む犬健康な状態でも嘔吐することがあるため、食欲が変わらない場合はしばらく様子をみても問題ありません。嘔吐が止まらなくなった場合は受診してください。また、朝方に吐くことが多い時は、空腹が原因となっている可能性もあるのでご相談ください。考えられる病気としては、肝不全・腎不全・食中毒・胆嚢疾患・腸閉塞やその他の胃腸疾患などがあります。

呼吸器系の病気と症状

せきをする

咳をする犬ワンちゃんが頻繁にせきをする時は、感染症や心臓病などの重大な病気にかかっている可能性があるため、早めにご来院ください。考えられる病気としては、ケンネルコフ・肺炎・心臓病・気管支炎・気管虚脱などがあります。

一番上に戻る
tel:022-702-3897 web予約 LINE