腫瘍(しこり)

できもの・しこりとは

できもので悩む犬ペットの体の表面や口腔内、耳の中にできもの、もしくはかさぶたと出血を繰り返している傷はありませんか? 実はこれらは腫瘍(がん)の可能性があります。「できものが小さいから大丈夫」「出血が少ないから平気」と放置するのは危険です。できものが大きくなってから病院に行き、手遅れだったというケースは少なくありません。
腫瘍の研究は日々進んでいます。腫瘍が悪性か良性かを判別する検査や、手術による切除が必要かどうかの細胞検査も可能になっています。しかし、良性と判断された腫瘍であっても、場所によっては手術できない場合もあります。腫瘍は基本的には取り除くことがベストとされており、腫瘍が小さいうちであれば、局所麻酔での切除が可能になります。大切なペットの体にできものを発見したら、できるだけ早くご相談ください。

しこり・がんの相談

しこり・がんは早期発見が重要です。よくある症状だと思っていても、実はがんだったという場合があります。次のような症状がみられたら、注意が必要です。お早めに当院までご相談ください。

  • 食欲がない
  • よく吐く
  • 下痢や下血が続いている
  • 排便に時間がかかる
  • 血尿があったり、少ない量で回数の多い排尿が続いている
  • お腹が腫れている
  • 片足を引きずっている
  • 口臭やよだれがひどくなった
  • くしゃみ、鼻水、鼻血がよく出る
  • せきをしたり、呼吸が荒いことが増えた
  • 皮膚炎や腫瘍、しこりが治らない
  • 急に脱力してへたり込むことがある
  • 食事に時間がかかるようになり、食べこぼしが多くなった
  • 7歳以上である

犬の3大疾病

医師に抱えられている犬ワンちゃんの3大死亡要因はがん、心臓病、腎臓病です。ただ、すべてのがんが死につながるわけではなく、早期発見・早期治療で完治する可能性も十分にあります。そのために大切なのは、飼い主様とワンちゃんのスキンシップです。日頃から体に触れ、チェックしてあげましょう。
また、外からは触ることができない胸やお腹の中のがんを早期発見するには、レントゲン検査、超音波検査などの画像診断が有効です。初期のがんでは、血液検査で異常が出ることがほとんどありません。がんの好発年齢とされる7歳を過ぎた中高齢期には、画像検査を組み合わせた検診を行いましょう。

しこりはすべてがんなの?

しこりのすべてががんというわけではありません。がんの場合でも、良性と悪性があります。しこりを発見したら、以下をチェックしてお早めにご来院ください。

  • しこりを見つけたのはいつ頃か
  • 増大速度はどのくらいか
  • 増大と縮小を繰り返しているか
  • 痛みやかゆみの有無

代表的な腫瘍疾患

乳腺腫瘍

高齢のメスに多発し、ワンちゃんでは最も多い腫瘍です。ワンちゃんでは50%が悪性、ネコちゃんでは80%が悪性です。患部を切除して病理検査を行います。また、早期(1歳以内)に避妊手術をすると、乳腺腫瘍の発生率が低下します。

リンパ腫

血液の白血球のひとつであるリンパ球が腫瘍化したものです。リンパ節は体の至る所にあるので、基本的にはどこにでも発生し、できる場所によって縦郭型、多中心型、消化器型、皮膚型、節外型に分類されます。腫瘍細胞の種類によってBリンパ球、Tリンパ球、高分化、低分化などの区別ができ、同じリンパ腫でも予後が正確にわかるようになりました。抗がん剤が効きやすい腫瘍のため、基本的には抗がん剤治療が中心ですが、状況によっては外科手術や放射線治療を行うケースもあります。

肥満細胞腫

皮膚や肝臓・脾臓にできる腫瘍で、細胞診で確定診断できます。グレードやできる場所によって悪性度が異なりますが、外科切除をして状況に応じて抗がん治療を行います。

皮膚組織球腫

高齢のワンちゃんだけでなく、子犬にもできる良性腫瘍で、細胞診で診断できます。2カ月程で自然に治ることもあるので、経過観察をすることが多いです。自然治癒しない場合は外科的に切除します。

表皮嚢胞

高齢犬に多いしこりで、腫瘍ではなく表皮の角質や脂肪が皮膚内に溜まったものです。多発することもあり、大きくなるとはじけることもありますが、命に係るものではありません。細胞診の検査で診断します。

舌腫瘍

口の中にできる腫瘍です。舌がうまく動かせなくなり、食べたくても食べられなくなります。切除手術によって治ります。

腸管腫瘍

腸に数㎝の腫瘍ができることで、腸閉塞によって吐き気がして物が食べられなくなります。X線検査や超音波検査で診断し、腫瘍部分の腸を切除して正常な腸同士をつなぎ合わせます。腸の腫瘍には腸腺癌、リンパ腫、GISTなどが多くみられます。

当院の治療法

当院の治療法当院では、腫瘍の治療をする際に外科手術、抗がん剤治療、半導体レーザーによる温熱療法を行っております。症状やワンちゃんやネコちゃんの体質によって、最適な治療法をご提案させていただきます。また、半導体レーザーによる温熱療法は、実施しているクリニックがまだ少ない、画期的な方法です。
飼い主様のご希望や年齢的な問題で麻酔ができないワンちゃんやネコちゃんでも、安心して腫瘍の治療ができます。

一番上に戻る
tel:022-702-3897 web予約 LINE