腫瘍(しこり)

できもの・しこりとは

できもので悩む犬

ペットの体にできものやしこりを見つけたことはありませんか? そうした場合、単なるできものであるケースと、腫瘍(がん)のケースがあることをご存知でしょうか。
がんの可能性が考えられるできものは、ペットの体の表面や口腔内、耳の中にできることが多いです。また、できものではなく、傷にかさぶたができたと思ったらまた出血しているという状態を繰り返しているパターンもあります。たとえ小さなできものでも放置してはいけません。できものが大きくなってからでは手遅れになることもよくあるからです。
ただ、腫瘍ができても、悪性または良性かを判別する検査や手術による切除が必要かどうかの細胞検査が可能であり、早期発見・早期治療で治すことができます。腫瘍が小さいうちであれば、局所麻酔で切除します。なお、できた場所や状態によっては手術できないこともありますので、ペットの体にできものを見つけたら速やかにご相談ください。

しこり・がんの相談

しこり・がんは早期発見・早期治療がカギとなります。ただのできものだと思って放っておいた結果、実はがんであったということもあり得ます。以下の症状がみられた場合は当院までご相談ください。

  • 食欲が落ちている
  • 嘔吐を繰り返している
  • 下痢や下血が続いている
  • 排便がスムーズに進まない
  • 血尿または少量で回数の多い排尿が続いている
  • お腹が腫れている
  • 片足を引きずっている
  • 口臭やよだれがひどくなった
  • くしゃみ、鼻水、鼻血がよく出る
  • せきをしたり、呼吸が荒くなっている
  • 皮膚炎や腫瘍、しこりが治らない
  • 急に脱力してへたり込むことがある
  • 食事がスムーズに進まず、食べこぼすことが増えた
  • 高齢である(7歳以上)

犬の3大疾病

医師に抱えられている犬

がんは、心臓病や腎臓病と並ぶワンちゃんの3大死亡要因です。ただ、がんになったからといってすぐに命にかかわるわけではなく、早期発見・早期治療での完治も望めます。そのために大切なのは、飼い主様がワンちゃんとのスキンシップを欠かさず、体の状態をチェックしてあげることです。
また、がんの初期段階では、血液検査をしても異常が出ることがほとんどありません。見つけにくいとされる胸やお腹の中のがんの早期発見のためには、レントゲン検査や超音波検査などの画像診断が役立ちます。7歳を過ぎた中高齢期になるとがんになりやすいため、検診の際に画像検査を追加しましょう。

しこりはすべてがんなの?

しこり=がんというわけではなく、たとえがんであったとしても良性と悪性があります。しこりを発見したら、以下の項目について確認し速やかにご来院ください。

  • しこりを見つけたのはいつ頃か
  • 増大速度はどのくらいか
  • 増大と縮小を繰り返しているかどうか
  • 痛みやかゆみはあるか
  • ワンちゃんの様子の変化はあるか

代表的な腫瘍疾患

乳腺腫瘍

腫瘍の中でも、ワンちゃんに特にできやすい腫瘍です。ワンちゃんがかかった場合は50%が悪性、ネコちゃんがかかった場合は80%が悪性で、特に高齢のメスがかかりやすいとされています。治療では患部を切除して病理検査を行います。また、1歳になる前に避妊手術をすると乳腺腫瘍の発生率が低下しますので、予防策として有効です。

リンパ腫

血液の白血球のひとつにリンパ球というものがあり、それが腫瘍化するとリンパ腫となります。体のさまざまな部位に発生し、できた場所によって縦郭型、多中心型、消化器型、皮膚型、節外型に分かれます。また、腫瘍細胞の種類によってBリンパ球、Tリンパ球、高分化、低分化などに分けられ、それによって術後の状態が予測できます。治療では抗がん剤を使う他、外科手術や放射線を使うこともあります。

肥満細胞腫

皮膚や肝臓・脾臓にできる腫瘍です。悪性度はグレードやできる部位によって変わります。治療では外科切除や抗がん治療を行います。

皮膚組織球腫

良性腫瘍で、子犬から老犬まで年齢問わず発生します。数カ月で自然に治ることもあるので経過観察をすることがほとんどですが、治らない場合は外科的に切除します。

表皮嚢胞

表皮の角質や脂肪が皮膚内に溜まったもので、腫瘍ではありません。高齢犬ほど発生しやすく、多発したり大きくなってはじけることもあります。細胞診の検査で診断します。

舌腫瘍

口の中にできる腫瘍です。舌がうまく動かせなくなるため、食事に支障が出ますが、切除手術によって治ります。

腸管腫瘍

腸に腸腺癌、リンパ腫、GISTなどの腫瘍ができ、腸閉塞を起こします。発生すると吐き気が起こり、食事ができなくなります。
レントゲンやエコーによる診断後、腫瘍部分にある腸を切除した上で健康な腸をつないでいきます。

当院の治療法

当院の治療法

当院の腫瘍の治療には、外科手術、抗がん剤治療、半導体レーザーによる温熱療法があり、これらの中から症状や体質に合わせて最適な治療法をご提案させていただきます。
なお、半導体レーザーによる温熱療法は飼い主様のご希望や高齢で麻酔ができないワンちゃんやネコちゃんでも、安心して腫瘍の治療ができる画期的な方法です。ご興味のある方はお問い合わせください。

一番上に戻る
tel:022-702-3897 web予約 LINE