夜間緊急診察

夜間救急対応時間

病院看板夜間救急診察時間:21時~翌5時

夜間救急診察及び時間外診察では、診療費に加えて時間外診察料(5,000円)が必要となります。さらに検査や処置をした場合は別途費用が発生しますのでご了承ください。

ご来院までの流れ

まずは、お電話(TEL:022-702-3897)にてご連絡ください。

当院の患者様

症状についてお聞かせください。その際、診察券番号をお伝えいただくとスムーズに対応できます。出先などで診察券が手元にない場合はペットのお名前をお伝えください。

初診の患者様

ペットの種類、年齢、性別、いつからどのような症状なのか、避妊・去勢手術をしているか、ワクチン接種を1年以内に行っているかをお伝えください。現在、別の病院にかかっている場合には症状や検査結果、お薬についてもお知らせください。また、飼い主様の身分証(免許証、保険証など)を忘れずにお持ちください。

飼い主様へのお願い・注意事項

スマートフォン操作

  • 夜間救急の時間帯はワクチン接種やフィラリアのお薬などは行っておりませんので、日中の診療時間にお願いいたします。
  • 夜間救急の時間帯はお電話によるご相談のみはお受けできません。
  • 手術中など状況によってはすぐに対応できない場合がありますので、来院前に必ずお電話にてご連絡ください。
  • 夜間帯になりますので、電話番号のかけ間違えに気をつけてください。

来院までの対処法

ペットの応急処置は、正しい手順や方法で行わなければなりません。その際には飼い主様の安全を確保することも大切なので、大型犬の場合は2人以上で行います。
なお、以下の応急処置はあくまでも緊急時に対応するためのものなので、処置後に症状が回復した場合でも必ず受診してください。診察の際にどのような状況でどのような処置を行ったかを説明できるようにしておきましょう。

ペットの応急処置の準備

安置

落ち着きがなかったり、興奮している場合、まずはペットを安定させます。痛みで興奮している場合は無理に押さえつけたりせず、落ち着くのを待つのが優先です。落ち着いたらバスタオルや毛布で全身をくるみ、安全な場所へ移動させましょう。

固定

ケガをしている場合などはその部分を固定します。その際、ワンちゃんであれば噛みつき防止に柔らかい紐やタオルを使って口輪を作ります。ネコちゃんであればひっかき防止に体全体をタオルや毛布でくるみ、ケガをした部位のみを露出するようにします。エリザベスカラーがあればそれをつけるのも良いでしょう。
もし興奮が収まらない場合は、ペットの周辺を囲う程度にしておきます。

自宅でできる応急処置

ペットが落ち着きを取り戻したら、状態に合わせた応急処置をしていきます。

ガーゼやタオルによる止血

ペットが暴れたりしなければ、清潔なガーゼやタオルで傷口を押さえて止血しましょう。血が止まらない場合は、傷口より心臓に近い場所を縛ってすぐにご来院ください。
ご来院の際には、何時何分に縛ったかを正確に記録しておいてください。刃物や異物などが刺さってしまった場合は抜かずに包帯で固定し、患部を動かさないように注意しながらご来院ください。

患部を冷やす

暖房器具などで火傷をしてしまった時は、すぐに患部を冷やしましょう。ビニール袋に氷水を入れて患部に当てたり、タオルで覆いながらやさしく水を流して冷やすのも効果的です。

添え木で固定する

足などを骨折している可能性がある場合はできるだけ動かさないようにしましょう。落ち着いている場合は、骨折した部位に添え木をして包帯で固定してご来院ください。痛みで興奮している場合は無理に処置せず、そのままご来院ください。

人工呼吸をする

ペットが電気コードを咬んで感電してしまうことがよくあります。その場合はすぐにプラグを抜いて、ペットの身体には触らないでください。その際、ペットが呼吸をしていなければ人工呼吸を行います。まず横向きに寝かせて、口から空気が抜けないように押さえたまま、1回3秒ほど鼻から息を吹き込みます。これを1分程度繰り返して自発呼吸が再開したかを確認し、再開しない場合は再度人工呼吸を行います。

詰まった異物を取り除く

異物で窒息している場合は、口を開いてピンセットなどで異物を取ります。異物が見えないほど奥に入ってしまった場合は、逆さまにして揺すったり、お腹を押します。

また、窒息やけいれんがなく、意識がある場合は吐かせます。誤飲してから1時間以内に限りますが、誤飲したものが強酸または強アルカリ性ではなく、棒状・針状・紐状ではない固体であれば、消毒薬のオキシドールを体重1kgあたり1~5mlの割合で飲ませてください。なお、オキシドールに比べると効果は低いですが、食器洗い用洗剤でも吐かせることは可能です。
食器洗い洗剤はぬるま湯で等量に薄めたものを使い、体重1kgあたり1mlほど飲ませてください。

こんなケースは夜間でも受診しましょう

誤食や誤飲

人間の薬やおもちゃ、玉ねぎやチョコレートなど、中毒を起こしたり腸に詰まるものを食べてしまったらすぐに当院までお電話の上、受診してください。食べた直後であれば、まだ胃の中にあるため、吐かせるなどの対処でトラブルを防げます。

嘔吐や下痢

嘔吐や下痢は比較的よくある症状ですので、1~2回の嘔吐や下痢をしても元気ならば問題ありません。ただ、嘔吐や下痢の回数が多い時やぐったりしている時、お腹が腫れている時には、すぐに当院までお電話の上、受診してください。

呼吸困難

ぐったりして口を開けて呼吸している、舌の色がいつもよりも薄い、または紫色になっている、呼吸がいつもより速いといった場合は、呼吸困難を起こしている可能性があります。すぐに受診してください。

交通事故や落下などによるケガ

交通事故に遭った際にはもちろんのこと、誤って高いところから落としてしまったり、ドアに挟んでしまったり、体を強くぶつけた場合は受診してください。ケガがないように見えても、体の中に大きなダメージを受けている場合があります。

発作

たいていの発作は1~2分で治まります。発作が起きても焦らず、できるだけペットを落ち着かせて、発作が治まったら受診してください。なお、5分以上続く長い発作や1日に何度も発作が起こる場合は危険な状態なので、たとえ深夜であってもすぐに受診してください。

発熱または体が冷たい

熱があると、元気や食欲がなくなり、呼吸が速くなることもあります。体を冷やしながらご来院ください。また、体が冷たい場合は体を温めつつ速やかに受診してください。

トイレでじっとしている

おしっこが出なくなっていたり、頻尿になっている可能性があります。おしっこが出ないのは危険な状態なので、すぐにご来院ください。また、便秘や下痢になっている可能性も考えられます。

料金表

※夜間救急診察及び時間外診察では診療費の他に時間外診察料が必要となります。

夜間救急診察料 ¥5,000

※その他、検査や処置をした場合は別途費用が発生します。

一番上に戻る
tel:022-702-3897 web予約 LINE